五行占いとは

五行(ごぎょう)とは、古代中国で生まれた思想で、『この世のあらゆることは木・火・土・金・水の5つでできている』という考えのこと。

もちろん人間もこれに含まれます。

この五行思想に、同じく古代中国で「世の中のものは裏と表でできている」と考える、陰陽思想(いんようしそう)を組み合わせたものを、陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)と呼びます。

この陰陽五行思想を用いたのが五行占い。今日明日のできごとから宇宙のような壮大なものまで、さまざまな占いに用いられているんですよ。

では早速、あなた自身を占ってみましょう😊

【占い方】

①誕生日から属性を割り出す

まずは「算出表のページ」で、あなたの「生まれ年」と「誕生月」が重なる箇所の数字を確認しましょう。

次に、その数字に「あなたが生まれた日」の数字を足します。

例えば、

1968年9月22日生まれの方なら

算出表の数字は、縦軸の1968年と横軸の9月が交わる「10」ですので、

「10」に生まれた日である「22」を足した「32」があなたの数字です。

重要なのは下1桁の数字。※合計数が60以上の場合は60を引いた数となります。

下記の【陰陽五行属性】を見てみましょう。

【陰陽五行属性】

「1」→「木+」

「2」→「木

「3」→「火+」

「4」→「火

「5」→「土+」

「6」→「土

「7」→「金+」

「8」→「金

「9」→「水+」

「0」→「水

②自分の属性ページで占い内容を確認する

あなたの属性は以下のうち、どれでしたか?

ここでは「+」「」は気にせず、「木、火、土、金、水」から選択してくださいね。

「木の人」

「火の人」

「土の人」

「金の人」

「水の人」

五行には相生(そうしょう)、相克(そうこく)、比和(ひわ)という3つの関係があります。

これは、5つの要素(木、火、土、金、水)が互いに影響し合っているのです。順番に見ていきましょう。

そうしょう:お互いに補い合える関係。

 

そうこく:お互い打ち消し合ってしまう関係。

 

:「水と水」など、同じ属性の組み合わせ。同じ属性が重なることにより良くも悪くも力が増す。

いかがでしたか?

ご家族やご友人など、あなたの親しい人の属性を知ることで、より円滑なコミュニケーションが取れるコツとなるもの。

それが五行占いです。

関連記事

  1. 五行占い – 木の人

  2. 五行占い – 土の人

  3. 五行占い – 金の人

  4. 五行占い – 火の人

  5. 五行占い – 水の人

  6. 陰陽を考える