鍼灸適応疾患とは?

患者様から「鍼灸はどのような症状に効きますか?」とよく尋ねられます。
事故等による怪我などの急性疾患は病院へ通院していただき、慢性疾患でお悩みの方はぜひ鍼灸治療院へご来院ください。
また、鍼灸適応疾患といって、WHO(世界保健機構)では下記に掲げる疾患に鍼灸治療が適応であることを認めています。

神経系疾患

神経麻痺、自律神経失調症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛、不眠症、めまい、肩こり、坐骨神経痛、三叉神経痛

運動系疾患

関節炎、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、頸肩腕症むち打症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、外傷の後遺症

循環器系疾患

高血圧症、低血圧症、動悸、息切れ

消化器系疾患

口内炎、舌炎、歯痛、胃下垂症、胃酸過多症、下痢、便秘、痔疾患

呼吸器系疾患

風邪、風邪の予防、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、気管支喘息

泌尿器系疾患

ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症

内分泌系疾患

尿崩症、バセドウ病、糖尿病

新陳代謝疾患

貧血、痛風、糖尿病、尿道炎

皮膚科疾患

皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、ヘルペス、円形脱毛症

産婦人科疾患

不妊症、月経不順、生理痛、冷え症、更年期障害、妊娠悪阻(つわり)、胎位異常(逆子)

小児科疾患

夜尿症、小児喘息、虚弱体質、夜泣き

眼科疾患

眼精疲労、眼瞼縁炎(ただれ目)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、弱視

耳鼻科疾患

耳鳴、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、副鼻腔炎

上記は、これらの疾患にしか効果が無いというものではなく、あくまで国際基準を提示したものです。
これら以外の疾患でお困りの方も、ぜひお気軽にご相談ください。